ラジコン&飛行機が大好きのチームヨコモ、なおじゅんのラジコン日記です。(≧∇≦)/



プロフィール

な お じ ゅ ん

Author:な お じ ゅ ん
GAZOO Racingイメージガール(GAZOO LADY)の杉山愛奈ちゃん♬

愛奈ちゃんはこの先、絶対ビッグになると思うぜ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


峠で17.5T
ツーリングファン要注目だったREEDY RACEも終わりました。

絶好調だったハヤトは残念ながら4位だったみたいですね。レースは勝てなかったけど今回のレースの主役は間違いなく”HAYATO”だったと思います。この悔しさは7月のオランダで爆発してくれることでしょう。(^_-)-☆

さて、話はめちゃローカルになりますが(笑)、日曜は峠サーキットに行ってきました。

BL-R3アンプになったので、峠でも17.5Tを試しました。(KV2800以下)

モーターは、YOKOMO ZERO-R 17.5T
進角は最遅角でブーストは43。ターボは0。これでKV2700前後。ギヤ比は3.2:1にセット。

この日は、兄さん、犬吉さんとタイムバトルをしながら色んなセットを試してました。

峠レースレギュで許されるタイヤ(采V40、V36、V32)を路面温度に合わせてチョイス。僕的には新品から使うならV36がベターかなと。

前回のレースから大きく変えた部分はココ。

2V6P9241.jpgハイトラシャーシにチェンジ

やはり、峠の場合(硬いタイヤを使用時)、ハイトラの方がグリップ感がしっかりあったように思います。りやの粘りが高いので安心してドライブできました。
結果の方も終始順調で中古タイヤで3人の中で一番時計だったのでシャーシ変更は良かったようです。(^Д^)

今回は、峠で話題のグリップ剤”アンメルツイーク”(兄さん作)を使用。
DSC_0781.jpg路面コンディションが上がってきたときに本領発揮!

練習が終わった後に、兄さんにMy BD5WXを試乗してもらいました。
どんな評価になるかドキドキして見てましたが、意外にも好評価だったみたいで、ちょっと嬉しかったですね。( ^∀^)
DSC_0780.jpg

今のところ来月のレースも参加予定なので、それに向けて良いデータが取れました。(*´∀`*)

日曜、練習に来ていた、兄さん、犬吉さん、KAWAさん、びす太さん、ウータン&れいちゃんお疲れ様でした!




兄さん、この状態で新品タイヤぶっ込んだら、もっと知らんで~!( ´▽`)


スポンサーサイト

2つのBD5WX
ヨコモより、5月末に新たなBD5WXキットがリリースされます!

2V6P9244.jpg

ワールドスペックシャーシ仕様&ハイトラクションシャーシ仕様の2タイプ。

今回のキット、Wジョイントユニバ、強化型デフプロテクター、そしてFFサスブロックが44.2mmタイプが付属!

~ヨコモサイトより~
駆動効率の高さに定評のあるダブルジョイント ユニバーサルを標準装備、軽量フロントソリッドアクスル、スチールドライブカップを装備したリヤギヤデファレンシャルと相まって、モーターパワーを余すことなく伝えます。走行場所に合わせてメインシャーシの違う仕様を設定、ハイグリップサーキットやカーペット路面に最適なワールドスペックシャーシ仕様と、アウトドア アスファルトなどの低ミュー路面で抜群の特性を示すハイトラクション仕様の2種からお選びいただけます。

詳しくはコチラ!
http://www.teamyokomo.com/news/order_sheet/12/120524_mrtc_bd5wxi_1.pdf

ライトサーキットレースでのMy BD5WX
昨日のライトサーキットレースですが、My BD5WXはイイ感じで走ってくれました。

クリクリ曲がって尚且つドスコイって感じでかなりゴキゲンでした♪

今日のブログは『昨日はこんなアイテムを使ってました。』ってことで一部をアップしてみようと思います。

DSC_0648.jpg

DSC_0647.jpg
ボディは、ヨーロッパ発話題のボディのモンテック製NAZDA3.0を使用。事前練習で色んなボディを試しましたが、コレが一番インフィールドのテクニカルセクションを速く走れたので採用!

DSC_0409_20120409203209.jpg
パワーソースはお馴染み、NOSRAM-ESC&モーターの組み合わせ。ちなみにESC設定は0-4-4-2でギヤ比は5.6:1でした。この日もこの後紹介するバッテリーとあいまってゴキゲンなパワーでした(^o^)

DSC_0649.jpg
バッテリーは、Gスタイル製リフェ G★POWER 4000-45Cを使用。この日初めて使いましたが、初期のパワーがかなりあって、伸びがかなり良い感じでした。一気にお気に入りです♪
アドバイスくれたギッチョンさんありがとうございました(^o^)

DSC_0642.jpg
タイヤはラッシュ製24シルバーで決め打ち!(笑) この日は天気も良く路面温度も上がったので心配しましたが、タレもなく良かったです。次回からはレボリューションかな!?

って感じです。(笑)





今回のセットをベースに、また関西の色んなアウトドアサーキットで走ってみよーっと(・∀・)



Fギヤデフの中身あれこれ
ヨコモカップも無事に終了し、ちょっと一息ついた感じですが、久しぶりにスピードをおもいっきり出したくなったので、セントラル-シンとモデファイで遊びました。(大阪-太子インターサーキット)

DSC_0557.jpg

やっぱ、モデファイは楽しいです!(^^♪

話は変わって、最近よく使うのがFギヤデフ。コンディションによってスプールと使い分けますが、Fギヤデフの方が良い時ももちろんあります。
その際、迷うのがギヤデフの中身に何をチョイスするかですが、これがなかなか難しいですね。(^_^;)
いつもは、ライド製のパテを入れてますが、最近気になるものが出てきましたね。

SPR_oil.jpg
Spec R製 シリコンオイル-100万番

50万番は試したこともありますが、まだちょっと柔らかい感じだったので100万番は楽しみですね。

近々、やってみよーっと♪

Goodyナイトレースレポ②
さて、今回はこないだのGoodyナイトでのMy BD5WXをアップしたいと思います。

DSC_0485.jpg

前回出た時から色々仕様を変えてみました。

まずはメインシャーシです。前回はハイトラでした。理由はGoodyではグリップ剤が使えないのであんまりグリップしないだろうと予想してのチョイスだったんですが、結構グリップ感はあってハイトラでは切り返しとかで遅れるような感じがしていました。ですので今回は穴なしの通称”WS”シャーシでした。これは予想通り、レスポンスが上がり効果的でした(・∀・)

DSC_0484.jpg
練習中スプール&ギヤデフを両方しつこく試してました。このチョイスは時と場合によって効果がまったく逆になる時があるんですが、この日はギヤデフの方にアドバンテージを感じたのでレースはギヤデフに。スプールに比べてコーナーリング中の失速感が少ない感じでした。ローパワーのレースなので一旦スピードを落としてしまうとストレートの伸びまで影響が出てしまいます。ちなみにギヤデフの中身はライド製のパテです。

DSC_0162_20120227020212.jpg
タイヤも色々やりました。定番のM2に絞ってインナー違いを試しました。今回調子が良かったのはインナーフォームでした。
imageCAXNZ3U5.jpg
ココに来て、このインナーを使う時が来るとは・・・。笑


DSC_0152_20120227020157.jpg
モーターは、僕が用意していたのはイケてないようで、仲間のT-center君に調整を依頼。色々と調整法があるんですね・・・。加速&伸びも僕のやつより良いパフォーマンスでした。(^o^)
参加者の皆さんのブログにアップされていたKV数値にはビックリしました!スゴいですよありゃ・・・。

DSC_0476_20120227021652.jpg
T-center君、ありがとう!(^^♪



DSC_0479.jpg
これは失敗談ですが、リヤのトー角を減らすとストレートの伸びも良くなったので(2.5度)、試しにOPのトーインアップライトを逆さまにつけてみました。(片側0.5度なので実質1.5度なんかな?)
まぁ、確かにスピードは速くなったんですが、コーナーでの踏ん張りが効かなくてタイムは落ちたので不採用・・・。(笑) 何事もやり過ぎはあきませんね。(・∀・) けど、思ったことはやってみないと後で後悔するのは嫌ですもんね。

DSC_0483.jpg
ボディはGoody定番のNSX2005超軽量。ウィングもストレート型も試しましたがバナナタイプの方がコーナースピードが速かったです。

リヤのリバウンド量も色々試しました。多ければ安定するんですが、少なくするとコーナースピードが良くなりました。しかし、安定感が極端になくなったので丁度いいバランスを探していました。今回はサスピン中心で9mmがベターでした。

ダンパーもリバウンド量を色々試した結果、今回のレギュでは100%(張りダンパー)が良かったですね。練習中そのまま走っててオイル補充で張り直したらマシンの加速力がグンとアップ!
スプリングはヨコモ、HB、ライド製と試しましたが、今回はヨコモスプリングが一番タイム出ました。ちなみにFブルー、Rピンクの組み合わせです。

ま、こんな感じでやってたんですが、練習中は10.1秒台と自己ベストを大きく更新できたしレースでも予選&決勝共、10.2秒台が出てたので、良かったんじゃなかったかな。(・∀・)

決勝タイムも前回より5秒ほど上がっていたので、自身でも納得の結果です。(・∀・)

セッティングは成功も失敗もありますが、上手くいけばホント気持ちいいです!

けど、まだまだ引き出しが足らないと思うのでもっと勉強せんとね(^o^)

気分爽快!リフレッシュ!!
明日は(も!?)WANGANに行きます。

今回のペアはいつものシンではなく...じゅんの師匠でもある...。

110424_171026_ed.jpg サトシ~!

です。with B東一家(笑)

最近、WANGANで走っていてもどうも調子が落ち気味だったのでここは気分一新でマシンのフルメンテを敢行!

110708_130948.jpg

各パーツをチェックしながらやりましたがやっぱ、大きなクラッシュはないものの、モデで走ってるせいか結構痛んでいましたね...。(最近、結構平日練習も多かったしね。)

で、思い切ってほとんどのパーツが一新!

出来上がったマシンは”走る気マンマン”のオーラが!!(笑)

めっさ、走らせるのが楽しみです♪


チャンプ月例レースレポ④
今回のレースに向けて結構色んな事を試しました。もちろん失敗と成功の繰り返しの連続でしたけどね。(^^;)

セットアップの確認はレース当日の朝連までやってました。(笑)

ってことで、今回のレースでのMy BD5WXを紹介します。
2011.06.19 016

えっと、まずは...

2011.05.19 010

パワーソース関係ですが、今回も『ヨコモ ZERO-R 17.5T』を使用しました。このモーターの特徴はもうここでも何回もアップしてますが、13.5mmローターによる強力トルクのおかげでかなりハイギヤに振る事が出来ます。チャンプレギュのようにKV値が規制されてるようなシチュエーションならばまさに打って付けです。
今回のセットはKV2650くらいで、ギヤ比は3.25:1でした。ESCセットとモーター進角を煮詰めればもっともっと速くなることでしょうね。次回はこの辺りをもっと詰めたいですね。

2011.06.22 003
モーターを冷却するファンを装備しましたが、その電源をレシーバーからではなくバッテリーから直接取りました。もちろんこの方が電圧も高く冷却効果もアップっす!おかげでレース中、5分完走後も約55℃程度でした。

2011.06.22 001
ライバル達の強力パワー&スピードに追いつくために、試して良かったのがRトー角2.5度でした。

2011.06.19 017
今回のレースの重要なポイントとしてあげれるのがタイヤセットでした。
レース前&当日のハイグリップ路面に対応するのに、試したのがコレ!

exp-ls.jpg
Sweep製 LSインナーです。

このインナーは関西...いや全国を見ても屈指のハイグリップ路面で有名な”プロスピード”さんでハイサイド防止効果が高くもうプロスピード定番になってるという情報を何故か5月のライトサーキットに行った時に某H氏に教えてもらってました。(笑) で、その事を思い出し、試したところいつも使ってるYOKOMO 039Mに比べるとグリップ感は落ちるモノのハイサイドの危険性は全く無くなり思い切って攻める事が出来るようになりました。
その後、モールドとLSを繰り返しテストしました。ベストラップはお互いほとんど変わらないモノのやはり5分間キッチリ走れるという点で今回はLSに絞りました。
タイヤはSOREXと決めていましたが、32Rにするか36Rにするかってところで迷っていました。しかしインナーをLSにしたことで32Rでもハイサイドせずなお且つ最初から速いってことで32Rにしました。
ホイルはマシンの運動性の軽さに定評があるSOREX製5本スポークをチョイス。

そしてハイサイド対策に効果的だったのはコレ
2011.06.19 026
ハイサイド対策っていうか、今回に限ってはスペーサーなしでもハイサイドはしなかったんですが、コーナーリングがスピンするようなクルッ!って感じの旋回だったのでちょっとドライブが難しかったんですね。そこでF-0.5mm、R-1mm入れる事でグイッ!って感じで安定感の高い旋回になりました。(表現が難しい...。笑)

次にこれが当日の朝連まで迷った箇所がコレ!
2011.06.22 002
アッカーマンポジションです。チャンプサーキットはタイトターンが多いのでアッカーマンを付けた方がコーナーが速いんですが、同じアッカーマンを付けるのであっても、通常はナックル内取りでセンターリンクのスペーサー減らしての上から見てバンザイの角度にする方法ですが、今回は画像のようにナックル外取りでセンターリンクにスペーサーをたっぷり入れてのへの字の角度にする方法をテストしていました。
僕なりの結果は...?
前者は初期反応が良くベストラップも速いんですが、後者の方が初期は少し鈍い感じなんですが、ラップの安定感が格段に良い傾向でした。ここは当日の路面グリップで判断しようと思い、朝連で急いで2ポジション試したところ後者の方をチョイスしました。ってことでグリップが低い時はバンザイ、高い時はへの字が良いのかな?ってのが一応の結果です。

もちろんこれは今回のチャンプサーキットに限った僕の結果だけで他のサーキットに行った時はまた違った結果になるかもしれませんが一応の目安にはなるかも。(^_^)

最近こんな感じでセッティングを妄想&実践する事をめっちゃ楽しんでいます。(^o^)
もちろん、自身の引き出しとしてはまだまだ足らないと思うのでもっともっと勉強したいですね。

あ~、WANGANいきてぇ~!!(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。