ラジコン&飛行機が大好きのチームヨコモ、なおじゅんのラジコン日記です。(≧∇≦)/



プロフィール

な お じ ゅ ん

Author:な お じ ゅ ん
GAZOO Racingイメージガール(GAZOO LADY)の杉山愛奈ちゃん♬

愛奈ちゃんはこの先、絶対ビッグになると思うぜ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BD7@全日本スポーツクラス
こないだの週末は谷田部アリーナでツーリング全日本スポーツクラスが開催されました。

結果はご存知のように、YOKOMO BD7を駆る選手が大活躍したようで、トップ10に5台が残り、総合でも、優勝、2位、4位、6位、7位を獲得とヨコモとしては喜ばしい結果になりました。(´∀`*)

参加者のヨコモ車シェアも、35台(BD7-32台、BD5-3台)と半数の方々がヨコモ車をチョイスしていたそうです!

今大会のヨコモ車で参加する選手のためによりよいデータを提供しようと、大会前からユッキーを中心にチームメンバーがユーザーフォローも行っていました。
これには、ヨコモユーザーさんからも好評だったみたいですね。(≧∇≦)/

o0800053212225741316.jpg

そのユッキーが今大会を振り返っての記事がINSIDE TYサイトでアップされていたのでこちらでもアップしたいと思います。

こんにちわ!海野です。

 スポーツクラスの全日本選手権に参加された選手の皆さん、
 そして付添いの皆さん、大変お疲れ様でした。

 私たちヨコモは、毎年スポーツクラスの大会2日程前から会場入りし、
 ヨコモユーザー様へのフォローなどをしてきましたが、
 短時間で完璧にセットアップしても、
 様々なパワーソースの組み合わせが存在するスポーツクラスでは、
 万人受けするセッティングシートを出すには、もう少し時間が必
 要・・と、毎年思っておりました。

 また、スポーツクラスの全日本は、ロナルドと直人が
 ここ数年参加している「ラスベガスIICレース」と同日の日程での開催 
 であり、その為、時間的にスポーツクラスの為の直前テストが難しい 
 状況した。  去年のIICレースは直人が優勝しており、
 ロナルドが2位とワンツーフィニッシュという最高の結果でしたが、
 ロナルドは過去3度挑戦して、一度も勝っていない為に、
 今年こそは・・と、意気込んでいました。

 そして今年・・・。やはり例年通り、
 「ラスベガスIICレース」と「スポーツクラス全日本」が同日の開催と
 なってしまいました・・・。
 
 正直、私のスケジュールも、
 IICからETS開幕戦などカツカツに詰まっており、
 今年もスポーツクラスのテストは、2日ほど出来るかどうか・・・?
 という感じでした・・。

 しかし!!
 スポーツクラス全日本の直前に、
  「BD7」が発売になりました!!

 発売直後なので、もしかしたら1~2台の少数かも知れませんが、
 私はIICレース行きを出発直前にキャンセルする決断をしました。

 ロナルドには申し訳ないですが、車だけは完璧に準備するので、
 一人で頑張って来てくれ・・と、送りだしました。

 そして、スポーツクラス全日本。
 人数に関わらず全力でお客様のフォローをする為に、
 山内の協力も得て、約10日ほどヤタベアリーナでの
 走行テストを入念に行い、
 満足のいく2種類のセッティングシートを作ることが出来ました。

 また、テスト期間中にJMRCAから参加者リストも届きました。
 そのリスト上のヨコモユーザー数は「17人」。

 毎年、このスポーツクラスは半数近くのシェアがあっただけに、
 複雑な思いでした。

 大会一週間前から、徐々に「現地入り」してくるお客様の数が増えて
 きましたが、
 そんな中、前週とは違った光景に気が付きました。

 それは、「BD7」で走行している選手が多いことです。
 中には大会前日や前々日に他社からBD7へマシンチェンジしてくれた
 方や、友人から借りてきたという方など、
 様々な方がおりました。

 全日本当日、JMRCA役員の集計データによると、
 ヨコモ車がなんと参加者の半数の「35台」に増えており、
 大会で一番のシェアになっていました。
 (BD7×32台、BD5×3台)
 


 レースの方は、過去のスポーツクラスでは見たこともないほど、
 予選でのTQ争いとAメイン争奪戦は、
 ハイレベルな大接戦が繰り広げられました。




 そんな中でもBD7ユーザーは快走を見せて、
 予選TQの姉川 怜選手を始め、
 2位 澤田 仁選手、4位 大川 航平選手、5位 渡辺 拓海選手と、
 5台のBD7が上位を独占する快進撃を見せ、
 決勝でも1-2-4-6-7位と上位を独占する形で終えることが出
 来ました。


 またリザルト以上に、
 ユーザーの皆さん全員が笑顔で終えることが
 私たちヨコモの目標であったので、
 少しでもお役に立てていれば嬉しく思います。



 来年レギュレーションについて、JMRCAから発表はありませんが、
 発表され次第、次回スポーツクラス全日本に向けて、
 全力でユーザー様のフォローをしていきたいと思っております。
 




 
 皆さま本当にお疲れ様でした。




 多くのお客様と接する事が出来て、
 私自身も、本当に楽しい週末となりました。


 本当に、本当にありがとうございました。


 これからもヨコモBD7を宜しくお願いします!


 海野 幸次郎


PS:そして今日からETS開幕戦に参加するために、
ドイツへ行ってきます!
こちらも応援宜しくお願いします!



僕も微弱ではありますが、BD7知ってもらうために色々勉強して、BD7をアピールしていきたいと思います。

全国的に品薄のBD7でしたが、次回出荷は10月23日に決まっています。BD7を気にされてる方はこの機会にぜひぜひゲットしてみてください!

bd7.jpg
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。