ラジコン&飛行機が大好きのチームヨコモ、なおじゅんのラジコン日記です。(≧∇≦)/



プロフィール

な お じ ゅ ん

Author:な お じ ゅ ん
GAZOO Racingイメージガール(GAZOO LADY)の杉山愛奈ちゃん♬

愛奈ちゃんはこの先、絶対ビッグになると思うぜ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


充実ウィークエンド②
ということで、ついに19Tを積んでの走行となりました。とりあえず、ギヤ比はK島クンに聞くと4.3辺りだとか...。(先程の23Tより酷くなってるや~ん!)
んでもって走ってみましたが、やっぱ先程とは全然スピード域が違います!やっててこちらの方が楽しいですね。ほどよいスピードっていうか。
タイムはグリップが良くないのか23Tよりは全然速いですが普通では遅いタイム...。
そうこうしているうちに場内アナウンスが。
『オンロードコースを整備しますのでしばらくお待ちください~。』と。
一体何をしたのかと言うと???谷田部行った事がある方は御存知の光景ですね。
なにやら霧吹きで路面に謎の液体を撒いてます。さぁさぁこの整備で路面はどのように変化するのか...。
先程と同じセットのままスタートしストレートエンドのコーナーでいきなり...

ハイサイド!(^^;)

なんじゃこりゃー!むちゃくちゃやんけー!(笑)
路面変わりすぎ!!

ハンドリングも超ピクピクでまったく切れません。(泣) このままやってもマシン壊すだけなので一旦撤収~。セット変更を余儀なくされました。
とりあえず、ノウハウのない頭で考えたのがFサスブロックの間の1mmスペーサーを抜いてFを逃がす作戦に。これは効果的でだいぶマシにはなりましたがやはり敏感ハンドリングは変わらず。
これではマズイとピットで考え事していたら一通のメールが。ユッキーからでした。内容は『K池さんに伝えてるから疑問があれば彼のところ訪ねて』と。K池さんは同じBDMを駆る谷田部のスペシャリストさんで昨年もS-EXPクラスに出場された凄腕の方なんです。まったく初めてだったのでピットを訪れるのはちょっと勇気が入りましたが(笑)ここはやっぱ身になる情報をゲットしておかなくちゃと言う事で早速K池さんのピットに行って挨拶してきました。そして現在の症状を言って対処法を教えてもらいました。色々変更点がありすぎて今回は割愛しますが、さすがにS-EXP、ツボを突いた対処法を教えていただきました。(K池さんは、初対面でもきっちり気前良く色んな事を教えてくれて本当に助かりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。今後ともよろしくです。)
この超ハイグリップ路面でいよいよ谷田部コントロールタイヤに履き替えてみます。2008.5.11 004
もちろんその際でのセットも聞きました。(^_^) いざ走らせてみると前回も書きましたが基はSOREX36Rなので問題なく走ってくれました。そしてK池さんから教わったセットを進めていくと、BDMに変化が出てきました。それは...。
ピクピクだったハンドリングが初期はおとなしくなり一瞬自分の思ってたステア量では曲がりません。しかし思い切ってバク切りしてみたら失速感なくピタッとRに沿って曲がってくれます。おっと!めちゃ楽だぁ~!!さっきまでの緊張感はどこへやら。めちゃリラックスして周回できます。やっぱこういうのが大事かもしれませんね。ただこのハンドリングは今まで自分が体験した事のない感じだったので慣れるのにちょっと時間がかかっちゃいました。(笑)

そうこうしているうちにあっという間に時間切れ~(泣)

残念ながら目標タイムはクリア出来ませんでしたけど、ちょっとでもこのマシンのこと(セットの進め方や走らせ方)を理解できたと思うし自分としては好感触だったので強行スケジュールでしたけど谷田部に来て良かったかなと納得しました。(^o^)

2008.5.11 006


次回は走行の際に使用したモノの事でも。ではでは~。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。