ラジコン&飛行機が大好きのチームヨコモ、なおじゅんのラジコン日記です。(≧∇≦)/



プロフィール

な お じ ゅ ん

Author:な お じ ゅ ん
GAZOO Racingイメージガール(GAZOO LADY)の杉山愛奈ちゃん♬

愛奈ちゃんはこの先、絶対ビッグになると思うぜ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


池田レースでのエクイップメント
ということでここからは池田レースでの僕の使用したエクイップメント集です。

ボディは?
20060829110945.jpg


ダッジオールパーパス重量タイプでウィングはHPI185mm。

僕がパーパスをチョイスしたのはまず安定感が高いこと、旋回性がコーナー奥まで続きドライブが楽でした。Medusa-EXはほんとアクセルオフ時にマシンがよく転がるので初期反応が高いボディがマッチするんですね。ちなみに他のボディもテストしました。動きは軽いのですが旋回というかロールが途中で終わりどうしてもカクカクした動きが僕は好きになれませんでした。まぁそれはセット次第なんですがね。(笑)ちなみに池田はアコード1&2、ダッジマーク3とAメインメンバーの中でも多彩なボディバリエーションだったのでもちろんパーパスが絶対正解とは言いませんよ。予選上位2台はエクセルアコード2だったような。

次に池田の人が特にシビアになる電池ですが、僕は今回もコイツを使いました。
20060829110905.jpg


コアブース FM4300 パラジュウム マッチド

レース前の事前練習でもコイツを使用してタイムが出ていたのでレースでも使いました。前回のチャンプレースでもそうでしたが8分間安定したパワーで特に燃費が気になる池田ではアドバンテージがあったと思います。3分の予選はIBでも良いですが(予選2回目でハイブリッドIB4200Aを使用。)決勝なら迷わずコイツです。レース後20Aで放電してもかなり余っていましたよ。(笑)

続いてモーターは?
20060829110926.jpg

写真後方になりますが

テック エクセレロLT

です。コイツを103Tの36Tの組み合わせ(5.5付近)で使用しました。予選ならもっとギヤ比をかけても良いのですがどうしても決勝なると後半のペースが落ちるのでこれくらいにしました。
これは僕の思い込みと思いますが池田はコミュ径を小さめで使用して多少回転型にしたほうが調子良かったですね。(ちなみに今回は7.3mmをちょい切るくらいでした。)
まぁこれもコミュ径とギヤ比、そしてアンプの設定等の兼ね合いもあるのですが...。(^^;)

今度はハイブリッド ファンネル(HPIベース)もテストしてみたいと思っています。HPI系はハイパワーだと聞くし池田ではやはり魅力的ですよね。
8d7ef374-s.jpeg


ってなわけでT川さんリクエストの今回の池田レースにおけるMedusa-EXのセットです。(T川さん参考にしてくださいね。(笑)

20060829111020.jpg


車高 F4.8mm R5.0mm
ドルーブ FR共5.5mm
キャンバー FR共-1.5度
サスブロックスペーサー FF,FR,RF,RR共なし(0mm)
アッパーアームスペーサー Fバルク側1mm Rバルク側2.5mm(Rナックル側1.5mm)

ダンパー
ピストン FR共テック3穴1.1mm
オイル F#25 R#30(アソシ)
ダイヤフラムはノーマル仕様でFR共0.3mmのシム追加
スプリング FR共テックロングブルー
ポジション F内から2個目、R真ん中

スタビ F1.4mm R1.2mm

SOREX32R+タミヤディッシュ+ライドスポンジソフト
(注)タミヤホイル使用時はサスアームを若干削る作業がいります。

ホイルスペーサーはF0.5mm Rなし
グリップ剤 マイティグリッパーF7割 R全塗り

ボディ ダッジ3.0オールパーパス HPI 185mmウィング
モーターテックエクセレロLT 103:36(5.5付近)
バッテリー ハイブリッドIB4200&コアブースFM4300

です。

そうそう忘れるとこでした。今回のレース、決勝前に良い事が見つかったて書きましたがそれは...。

タイヤウォーマーなし!!

でした。あの時急いでいたのでタイヤにマイティをちょちょっト塗ってすぐに拭いて行ったんですがこれがまたバランスよかったんですよ。(^^;)
ちょっとビックリでしたけど、もともとMedusa-EXはメカニカルグリップが高いのでもしかしてと思い決勝の時はBメインが走り出してからマイティを塗りそのまま放置、ウォーマー無しでBメイン終了2分前くらいでふき取りそのまま常温でスタートしました。決勝の時もやはり良いマシンバランスで軽くそして安定したマシンバランスになったことも報告します。

是非一度お試しくださいね。(この時期だけかも知れませんがね 笑)

ふぅ~。タイピングで疲れました。じゃおやすみなさい。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。